【対処方法】AQUOS R5G SH-51Aのスーパーワイドカメラ(48Mカメラ)利用時に近くのピントが合わない




 AQUOS R5G SH-51Aを利用しています。
スーパーワイドカメラ(48Mカメラ)利用時に近くのピントが合いません
どうしてですか
 AQUOS R5G SH-51Aのスーパーワイドカメラは非常広い範囲を収めるように設計されていて、無限遠を含む広い範囲で確実にフォーカスが合うように最適化されていますが、一方で近距離での撮影については、ピントが合いにくい傾向があります。
このため、撮影目的に応じた利用方法のヒントについて以下ケースを確認しましょう。

対処方法

①8Kワイドでの動画撮影について

撮影用に使用されるカメラはスーパーワイドカメラに固定されるため、被写体までの距離を2m以上に空けて撮影することが推奨されています。ただし、望みの画角とならない場合(近接したズーム感を出したい場合等)については、被写体との実際の距離は確保しつつデジタルズームで画角調整したうえでの撮影を行いましょう。

②通常の動画・静止画撮影モードについて

近接での撮影には、利用するカメラをワイドカメラ、または望遠カメラ等に切り替えて撮影目的に合った撮影が行える場合は、そちらの利用方法が推奨されています。ただし、撮影サイズが8Kの場合や、撮影目的の都合上スーパーワイドを利用しなければ望みの画角に合わないケースについては、①で述べた撮影方法の選択が推奨されます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です